お疲れ様でした

アクセスカウンタ

zoom RSS 9/15(月) 曇 『自分勝手です、か?』

<<   作成日時 : 2008/09/15 10:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

ノフィァ。

この季節、暑いだか寒いんだかさっぱりわかりません・・・

汗はかかない程度なんだけど、蒸し暑い。

早いとこ秋にならないものか。

秋は一番好きです。無害だし。




最近、会社でどうしても許せないことがあるんですよ。

ウチの会社ってのは人が多い方なので、

社内で泥棒する人もいるし、規則を守らない人もいる。

ただ、別に髪いじったり財布盗んだりするのは別にいいんです。

髪いじるのは勝手にしろ!って感じですし、

仮に自分の財布が盗まれても、入社前に説明受けたことあるので、

常に肌身離さず持ち歩いてりゃよかったなーと後悔すると思いますし。


ただどうしても許せないのが、食堂で食事する時、

なぜか自分用に、お茶を二つ持って行く人。


会社の食堂ではお茶は無料で支給されてるようなもので、

コップも近くにあるし、自由にとってください!みたいな感じで置いてあるんです。


んで自由なのはいいんですけど、

無料なので、ほとんど全員がそのお茶を利用するわけです。

するとまあ、当然のように行列ができて、

自分の後ろに人が並んだりするんですね。


そしたらまあ、中にはいるわけですよ。

自分用にコップを二つとって、二つともお茶を注ぐ人が。

行列できてんのに、平気で時間かけてお茶を注ぐ人が。


こういうのホント迷惑なんですよね。

なんで後ろに並んでる人がいるのに、こういうこと平気でできるんだか、

私はその神経が理解できません。


レジで並ぶときに、片手空いてるのに財布出さない人とかいますよね。

あと、自分の番が来たのにいきなり「ちょっと待って!」とその場を離れて、

別の商品持ってきて「これも」って、平気な顔してる人とか。

世間で例えるなら、ああいう人達と同じです。


確かにコップは小さいし、そうなると汲めるお茶の量も少ない。

でもコップは一人一つで充分だと思うんですよ。

もう一杯欲しいと思ったら、途中で汲みに行けばいいだけなんです。

「あ、もう一杯欲しいな」と思う頃には、お茶注いでる人もほとんどいなくなってますし。


んで私はそんな、ごく当たり前のことをしてると思っていたんですが、

食事の途中でいきなり立ち上がって、お茶を汲みに行く人が全くいません。

むしろ私が立ち上がるのを見てビックリしてる人がほとんど。


あれを見たとき、なんだここは?と思いました。

俺、当たり前のことしてるよな?と。


こういう現場を見てると、

なんか自分が正しいはずなのに、異常だってのが見えてくるんですよね。

たぶんほとんどの人は、

「今日は脂っこいものが多いし、お茶2杯にしよう」とかやってるんでしょうね・・・


でも私はそんなことをするつもりは全くありません。

何より迷惑だし、自分がその後ろにいる時、

「早くしろよ、何2杯も汲んでんだよ」ってイライラすることありますし。


私は常識とか普通とか、そういう言葉は好きじゃないんですよ。

最近「普通」って漢字で書けないのは、あんまり関係無いんですけども。

前にも書いたとおり、世間に無関心ってのもあるんですが、

何より、常識に振り回されるのが嫌なので。

だから自分が正しいと思ったら、周りに変な目で見られながらでも、

絶対にその道から外れようとはしないんです。


私の考え方なんですけど、世の中に統一された正義って言葉は無いと思うんですよ。

正義っていうのは誰でも心の中にあって、

それは人によって全然違っていて、同じものは一つとしてない。

これが私の「正義」に対する考え方なんです。

まあ、下手すりゃ犯罪者の考え方にもなりかねないなーとは思ってますけどね。


でも、こういう考えって間違ってるんですかね?

私はその気になれば、法律とも戦う気でいます。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
そこらへんは個人の倫理の問題であって
法律とは戦うことにはならないような・・・^^;
turugino
2008/09/16 18:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
9/15(月) 曇 『自分勝手です、か?』 お疲れ様でした/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる